『ほんと久々の更新。。。。』

■え~ご無沙汰しております。

ほんと久々の更新。。。。

何していたかというと、疲れたというか、やっぱ常々更新してても金にならないなぁ。。。。

とか思ってて、更新止めてしまっていました。。。

んで、なんでまた書きコし始めたかというと、やっと仕事が落ち着いてきて

また、暇な時間が出来てきたので。。。。。。。。。

という感じなのですが、また忙しくなってきたら、止まっちゃいますので、ヨロシク!!

って、誰も聞いてない!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

関西カラオケ『ジャンボカラオケ広場』

■関西カラオケ『ジャンボカラオケ広場』

カラオケは、自分の趣味です!!
と突然カミングアウトしているわけですが。。。。ここ最近は、一緒に行ってくれてた人と別れてしまって、2ヶ月ほど、ご無沙汰中です。。。。。。
う~む。。。カラオケは、シャウトしたり、しっとり歌ったりと、ストレス発散で、気持ちのよい遊びだったのですが。。。
カラオケは、彼女と行く場合は、愛の歌やバラードで、ムード全快!!!だったり、男友達と行くときは、あほらしい曲とか、大騒ぎできる歌を歌ったりとか、かなり楽しいひと時をすごして着ました!!
ところで、関東では歌広場は有名ですが、これが、関西に行くと『ジャンカラ』こと、ジャンボカラオケ広場で有名なのは、知っていましたか?

歌広場
ジャンボカラオケ広場

んでなんか、ジャンボカラオケ広場では、今、あのお笑いの『笑い飯』が『笑い飯の笑いがとまらんキャンペーン』をしているとの事!!!!

ジャンボカラオケ広場

なんと、歌ってその場で、『現金1万円』があたるというではないですかぁぁぁ!!!!
楽しいカラオケをしながら、現金1万円があたるとは。。。なんとも羨ましい!!!
その他にも、いろいろと当たるみたいです。
それと、笑い飯プロデュースのメニュー料理があるとの事!!
『哲夫ん家にゅうめん』とか、いろいろあるようなので、関西の方は行ってみるべし!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

『Mr.Children』との出会い

■『春の出会いと別れ』

”トラックバック野郎”さんの今週のお題が、『春到来!新生活の心得』ですが、ちと違うもので、自分が大学を卒業して初就職した時の3月の思い出を一つ!
【出会い編】
この卒業時期の3月には、自分は引越しはしなかったのですが、友達が実家に帰るという事でその手伝いをしていました。その時に出会ったのが、かの有名な『Mr.Children』『Cross Road』という曲です。この時初めて、彼らのバンドを知りました。

この曲を、引越しの時のトラックの中で、がんがんに流しながら、友達の家まで多くの荷物を積んだまま、つっぱしていたのですが、歌詞がなんとまぁ、その時の状況にあっているというか。。感動しながら、旅路をすすんでいました。この時から、今でもずっと『Mr.Children』の曲を自分の人生やその時の自分の状況に重ね合わせながら聞いています。

【別れ編】

別れで一番思い出になっているのが、これまた自分ではないのですが、自分が大学3年の時、12月から新規オープンで始まったビデオ屋のオープニングでバイトした時の話です。自分より年上(当時大学4年生)の仲間が、3月で卒業し、アルバイトも卒業する時の話ですが、やっと、みんな仲良くなって、いろんな遊びや夜中に車飛ばしてどっかいったりしていたのが、やはり就職やら、実家に帰るやらで、ちりじりになってしまうという状況でした。それで、最後に皆で集まってお別れ会をしようとなりました。そこで、最後に『この人は泣かない』とずっと思っていた、リーダー的な人が、号泣したのを見て、皆も貰い泣きしてしまいました。ほんとに仲のよいアルバイト仲間だったので、よけいつらかったです。やっぱり、別れはつらいですが今となっては一生忘れない思い出になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (36)

ワード!ワード!?

■『瞬!ワード』などというものが。。

え~、2回ほど、『トレンドワード』について、記事を書きましたが、なんと、@niftyでも同じようなものがあったとは。。。。。
驚いてます。つうか、すでにHPに付けてしまいました。!!

ことの始まりは、『ココログ』のTOPにある『日刊ココログガイド』を見ていて、その中の
”くぼぢるこ”さんの『つらつら日記』
つらつら日記

を見させてもらっていたら、なんと、サイドバーにあるではありませんかぁぁぁぁぁぁぁ

ということで、紹介します。『瞬!ワード』さんです。
瞬!ワード

これで、これからは、記事で紹介する事もなくなるのかぁ。。。。
ちと淋しい気もするし、書くことが減った~~~~~~。。。。

!あっ!
『トレンドワード』は、また違うから、記事にしても問題ないか!!
ということで、書くことにします。第三段を。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のトレンドワード PARTⅡ

■Yahoo!トレンドワード PARTⅡ

前回、ココのブログでも紹介した『Yahoo!トレンドワード』ですが、今日はその第2段!!つうか、ランキングがどうなったか、興味があったので、再度見に行きました!

ら。。。。。なんとも、わからないキーワードが一位になっておりました。。。
ブログに書かれたトレンドワード
ニュースに書かれたトレンドワード
つうか、『辻村明』って誰?わからんけど、とりあえず、TOP3は、以下のようになってました。

■ブログに書かれたトレンドワード

1位 辻村明
2位 澤屋敷
3位 ココナッツパンチ

■ニュースに書かれたトレンドワード

1位 姜恩柱報道官
2位 大山勝広
3位 戦2度

う~む!全然わからん。。。もしかして、自分って世間から疎いのかな?

詳細はコチラ>> 【Yahoo!トレンドワード】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のトレンドワードは。。。

■Yahoo!トレンドワード

近頃、っていうか半年前から、会社で自社サイトのSEO対策が始まりました。これがなかなか思うように検索に引っかからなくって、かなり苦労しています。SEO対策会社と組んでなんとかやってますが、そもそもサイトがそれように作られていないので、改造・改造・また改造で、しかも、ユーザービリティを考えると、SEOの対策内容は全然ユーザビリティがよくない!!なんとかして~~~~~p(`ε´q)ブーブーってな感じです。
そんな事をしていて、では、この自分のHPはどうなのだろうかな?とか考えてみたりして。なんか、Yahoo!さんのとこに『トレンドワード』とかのサイトがありました。
yahooトレンド
もしかして、ここのキーワードを一杯書けば、少しは訪問者数が増えるのでは!と思い、今書いています。
ということで、今のトレンドワードって何かな?
ブログに書かれたトレンドワード
ニュースに書かれたトレンドワード
ふむふむ!!なるほど、『ブログに書かれたトレンドワード』の上位3位は、
1位 ウェブアプリ
2位 弥生3月
3位 富士山ナンバー
で、『ニュースに書かれたトレンドワード』の上位3位は、
1位 ホビーユース
2位 ベロオリゾンテ
3位 神戸サブ
ですか。るんるん!⌒v⌒v⌒v⌒ミ(ノ○ ´_o`○)ノ♪ついでにもう一回
1位 ウェブアプリ
2位 弥生3月
3位 富士山ナンバー
1位 ホビーユース
2位 ベロオリゾンテ
3位 神戸サブ
さらにもう一回書いてみよう!!
1位 ウェブアプリ
2位 弥生3月
3位 富士山ナンバー
1位 ホビーユース
2位 ベロオリゾンテ
3位 神戸サブ
やっぱ、あんまり意味ないのかな?
とりあえず、今日はこの辺で勘弁してあげましょう!!なんか、毎日更新されているから、たまにまた書こうっと。(ノ   ´▽`)ノ llllll 

詳細はコチラ>> 【Yahoo!トレンドワード】

| | コメント (0) | トラックバック (5)

ライブ感覚のカラオケボックス

■こんな『カラオケ』がしたい!

ライブカラオケ

こんな感じで、あたかも自分がライブで歌っているかのようなバーチャルなカラオケがしたいです。プロジェクターとかで、ライブ映像を流して、何千人もの前でステージで歌っている感じでカラオケが出来たら、気持ちいいだろうなぁ♪ガンダムの『戦場の絆』みたいなシステムで作ってくれないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これからの・・・

とりあえず▼o・_・o▼

毎日、日記をつけるようにしました。

今日は、日曜日ですが、シフトのせいで会社出勤ありで、

外は曇りで憂鬱な一日ですが・・・・

一応、これでもWeb系の開発?SE?ですが、保守・運用も

兼ねて、その他、人事やサーバー保守や、etc........

とにかく何でも屋さんで仕事に励む?んでいます。

そういえば、HP上に「日記」と書くと、Google やYahoo の検索エンジン

から外され易いと聞いたことが・・・・

まぁ、別に検索される必要は無いので、

日記 日記 日記 日記 日記 日記 日記 日記 日記

と書いても問題な~し!!(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

序章

ビーコン!ビーコン!ビーコン!
突然鳴り響く警告音。つい先ほどまで、静寂に包まれていた世界が一変した。
突然の出来事に、深夜作業(といってもシステムの監視を行うだけだが)にあたっていた研究員は何がどうなっているのか分からず、あたふたしていた。
この警報は、研究所内全部に鳴り響く。
もちろん、あの口うるさい教授にもだ。
研究員達は、この口うるさい教授が苦手だった。
というより、うまくコミュニケーションを取れる人はいるのだろうか?
というくらいの人格の持ち主だ。
「何毎かぁ!」
そうこうしているうちに、噂の教授がシステム監視室に駆け込んできた。
「あっ!教授!」
「なんだ!この警告音は!何が起こった!」
「分かりません。突然、異常なeネス値を検出したと思ったら、あっというまにeネスメータがMAXになって・・・」
「何が起こったんだと聞いている!!」
尋ねられた研究員はたじたじとしながら、
「原因はわかりません・・・。現在調査中です。」
と答えるので精一杯だった。
「eネスエネルギーは、例の実験室にも流れているのだぞ!!」
「すぐに、実験室への流出を止めろ!!」
「はっ!・・・しかし、バルブは既に閉めておりますが、どこから流れているのか、全eネスエネルギーが研修室の例のものに流れてます・・・」
研究員は、恐る恐る答えた。多分また罵倒を浴びせられるという事を覚悟しながら。
しかし、教授の反応は、研究員の考えとは異なった。
「実験室に行く!おまえらは、なんとしてもeネスの放出を止めろ!!」
顔を真っ青にしながら、教授は監視室を後にした。
教授はあることを危惧していた。それは、予測がついていたことだった。
(やはり、完全体になるまでエネルギーの注入は止めるべきだったんだ!あの糞金の亡者め!せっかくの研究材料を・・・)
とにかく先を急ぐ必要があると思い、年甲斐もなく全速力で研究室に向かった!

「何!?何が起こったの!アナタ」
「心配するな。おまえは何も心配せずに、元気な俺の子を産めばいい」
「でも・・・あっ・・・いっ!痛い!」
「朋美!大丈夫か!産まれるのか!」
「先生・・・先生を呼んで!」
研究所の隣に、研究員の為の病院がある。
突然の警報に、朋美イスナのお腹の子が反応したのか、ベットの上で陣痛が始った。
たまたま、深夜作業中の休憩時間があったので、夫のカイル・イスナは、出産予定日真直に迫った妻の様子を見に来ていた矢先だった。
「わっ、分かった!まってろ!すぐに連れてくるから!それまでがんばれ!」
と言葉がおわるやいなや、病院のドアを蹴り破って、看護婦さんのいるナースステーションまで走り出した。
「あ、アナタ・・・。ナースコールで・・・。痛っ~!」
この時、朋美は痛さながら、夫のおっちょこちょいのところを内心で笑っていた。
(あの人の子なら、どんな時でも大丈夫よね)
そんな事を思う余裕があったかは分からないが、なぜかそんな余裕が朋美にはあった。
ナースステーションに駆け込んだカイルは、息を揚がらせながらも
「看護婦さん!!大変です!」
「え~。なんか大変な事が起きているのですかね。この警報は何?」
妙に落ち着いた看護婦さんだ。
見た目は30歳を超えたくらいか。この種の仕事をしている女性は、かなり若くみられるか、しっかりしているせいか実際の歳より上に見える事がある。
しかし、そんなことより、カイルは自分の子供が産まれそうなことが大切な事だったので、早口に説明した。
「そんな事ではなくって!!産まれそうなんですよ!」
「えっ?・・・え~と・・・イスナさんでしたっけ?812号室の」
あいかわらずの口調だった。
「そうです!早く、先生を!」
かなり、あせっていたのか、顔が怒っているような、泣いているようなくしゃくしゃな顔をしながら、このちょっと間の抜けたような看護婦さんに訴えた。
「はいはい。では、先生に連絡しますので、病室でお待ちくださいね。奥さんに付いていてあげなくちゃね」
この人は何歳なんだぁ!?とばかりの口調で言われて、少々気分を慨しながらも、
「早くしてくださいね!」
と言葉を残して、再び妻の待つ病室へと走って行った。
間の抜けた看護婦は、
「やれやれ、そんなに慌ててもスグには産まれませんよ」っと思いながら、先生に連絡をしようと電話に手をかけた瞬間!
トッルルルルル・・・トッルルルルル・・・
突然電話がなったのに、驚いた!
「先生?まさかねぇ」
と首をかしげながら恐る恐る、電話を手にした。
「はい。アスラン研究所所属総合病院です。」
すると、こちらの電話の掛け主も、先ほどのカイル同様に、いきなり慌てて喋りだしてきた。
「すっ!すいません!そちらに、内の主任のカイル・イスナ主任は行ってませんか!?」
「緊急で繋いで欲しいんです!急ぎです!急いでいるんです!」
看護婦は、カイルのときと同様、慌てる様子も無く(天然?)、ゆっくりした口調で
「あらあら、それは大変ねぇ。イスナさんなら、来てるわよ。今、お子さんが生まれそうで大変なんだけど・・・」
「それはそれは、おめでたい・・・。って、そんな事はどうでいいんです。はやく代わってください!!」
「そんなことって、アナタは命の大切さが分からないのかしら?」
この看護婦の悠長な会話にがまんしながらも、サブ・クライン研究員は、再度お願いをした。
「分かりましたから、とにかく、今スグに、監視室まで連絡するようにと、サブ・クラインから伝言があったことを伝えてください。」
と、突然、電話を切られてしまった。
「あらあら、どうしましょうかねぇ?」
とか、全然慌てた様子も無く、苦笑い?したかのような顔つきで考えて込んでいたが、
「とりあえず、先生に電話しなくっちゃね」
と、とりあえず、再び電話を手にとり、先生に連絡をし始めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在思案中・・・

この間、ふとある物語が頭をよぎったので、一応忘れないうちにメモします。
【設定】
・場所:現代の地球
・太古の地球に存在していた(惑星には必ず存在するとして)ミスト?マナ?力の元?(名前は未定)がある日地上に漏れ出す。
この成分によって、人は超能力や体細胞変異とかいった能力が使用可能になる。
現代の人間には、その力があっても利用方法がわからないので、実際には使用不可
このもれだした成分は、今はほとんどなく、この成分がなくなる=星が死ぬ という状態になる為、太古の人々はその成分をどうにかして封印した。
しかし、現代のある国のある機関が、そんなことは知らずに、封印をといて、自分のビジネスに利用するためのエネルギーとして使いはじめる。
世の中には、やはり悪い人がいて、そのエネルギーの本質(超能力や体細胞変異とかもろもろ)を知り、自分の利の為に動き出し始めて、物語は始まる。
・主人公:最初に成分の封印を解いた研究所で働いていた博士?の子供あたりでどう?
この子は設定上17歳くらいの高校生の男の子
成分を浴びた親、また、幼い頃に成分の多い場所にて育った関係で、体が成分に反応しやすくなっている
その関係で、悪の雑魚キャラが持っていた成分で事件に巻き込まれて、覚醒する。
・構成図:最初に成分に築いた人及び研究所⇒名前は未定
悪の組織とその代表⇒名前は未定
成分の流出を防ぎ、星を守ろうとする組織と代表⇒未定
正義の味方?的な組織でTOPクラスの能力者その1⇒未定
その2⇒未定
その3⇒未定
その4⇒未定
※四天王とかにするかなぁ?
その5が、主人公と絡みその後、いろいろとあった後、旅に出るとする!!(決まり設定のような)
あと、人だけでなく、特殊能力を持ったペット(フェレットあたり)も欲しい。
旅のお供で。
後、封印を守ってきた一族の娘とかも登場
という設定で、ばたばた3流お笑いストーリーで、主人公は何気に不真面目でただ、天然ボケキャラ。
一族の娘もボケキャラで、何をやらしてもすべて駄目っこ
唯一、突っ込みと旅一座のブレンはペットのフェレット!!
とかいう設定で小説とかかけないかなぁ?
と思った今日この頃でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧